年金資金の行方〜年金資金を使い込んだのは誰だ!

 私たちの年金は、誰が預かり、誰が何の権限で管理しているのでしょうか?

 「年金はあてにならない」。今多くの人が感じていることだと思います。年金業務に関する社会保険庁の一連の不祥事と消えた年金記録の問題。そしてグリーンピアなどの大規模保養施設や天下り役人への高額な報酬で、私たちが積み立てた年金が使われてしまっている問題。政府は年金制度の改革を訴えていますが、本当に根本的な解決になるのか、不安は消えません。

 「消えた年金」ということで、5,000万件にも及ぶ年金記録が紛失している問題が浮上しています。が、消えたのは年金記録だけでなく、本当に年金そのものが消えてしまっているわけです。

 年金には年金積立金というものがあり、その額は今まで私たちが納めてきた年金保険料から考えると、150兆円もの額になるといいます。それが役人たちによって使い込まれてしまっていて、私たちが納めた年金の相当多くの部分が返ってこない可能性があるのだといいます。

 年金資金の無駄遣いの象徴としてよく語られるのは、グリーンピアなどの大規模保養施設です。他にも採算の取れない高速道路や空港などの建設のために、私たちの年金資金が使われてきました。使われてきたというか、これらの資金は施設の収益の中から将来返還されることになっているようですが、作る前から赤字になるのが確実な施設では利益など出るはずはなく、そうした資金は不良債権になっています。

 そんな巨額な年金資金を一体誰が管理をし、運用しているのか?

 社民党の保坂展人衆議院議員のブログには、神奈川県横浜市にある「年金積立金管理運用独立行政法人」が年金資金を運用しているのだといいます。テレビのアナウンサーやコメンテーターが、社会保険庁がグリーンピアなどの建設を行ったと言っていることがよくあるが、それは間違いで、『「厚生労働省年金局と天下り特殊法人」と言うのが正解だ』といいます。

 年金に関わる実際の業務・事務は社会保険庁が行っているわけですが、年金資金の使い方を決めるのは、厚生労働省の天下り役人たちの特殊法人だということです。「厚生労働省年金局--旧年金福祉事業団」というところがずっとこの年金資金の管理、運用を行っていて、批判が強くなると「年金資金運用金」に名前を変え、現在に至っているということです。

 参照:年金積立金は誰が預かっているのか

 保坂氏は、「国民主権の年金保険の積立金を預けている機関を国民のほとんどが知らないという事態をどう考えればいいのか。」と問題視しています。私たちの年金を管理、運用する機関「年金積立金管理運用独立行政法人」の存在をほとんどの人が知りません。政府・与党も意図的にか、年金制度への批判が強まる中でもその存在について言及しません。

 私たち年金は、今一体どういう状況にあるのか?政府・与党は国民に明確に示すべきだと思います。社会保険庁の解体だけでは、「トカゲの尻尾切り」に終わってしまいます。

 
 年金資金の不正な使われ方については、保坂氏の書いた本、年金のウソ-隠されるついたて金147兆円に詳しく語られています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。