年金問題に新たな動き〜年金資金の流用禁止へ向けた動き

 年金問題が大きな争点となった先の参議院議員選挙。自民党が歴史的な大敗北で、民主党が大躍進することになりました。身近で自分の将来に関わる年金問題が争点となったことで、やっと国民も政治と自分たちの暮らしが深く結びついていることを理解た結果でしょう。今までどおりに安部(自民党)政権にまかせていては、年金問題は解決できないし、暮らしも良くならないと考えたのでしょう。

 民主党が参議院で第一党となったことから、民主党は、マニュフェストに掲げていた政策を実行するための準備をしています。

 年金「直ちに」 民主、公約実行へ3分類リスト

 「3分類」というのは、「時期別に政策を3分類したリストの原案」だということで、『3分類の「直ちに実現できるもの」のうち、年金流用禁止法案と政治資金規正法改正案は、7日召集の臨時国会に提出し、秋の臨時国会で成立を図る。』ということです。

 年金は、今まで年金給付以外のさまざまな分野で使われてきました。私たちの納めた年金保険料は、郵便貯金などとともに財政投融資として使われ、高速道路やダムを作るための公共事業や、天下りのための特殊法人につぎ込まれるなどして、私たちがずっと払ってきた年金積立金のうち、6割ほどが回収不能になっていると考えられています。

 もう一つの「消えた年金」

 
 
 しかし、一体どの特殊法人にどれだけお金が使われているかとか、そういった特殊法人の会計状態を野党が国政調査権を使って知ろうとしても、多数派の自民党の拒否にあい、今まで詳しく知ることができなかったと菅民主党代表代行いいます。今度の選挙で民主党が勝ったことで、この年金資金の不透明な使い方、無駄遣いが明らかになることを期待したいと思います。

 年金問題は、年金記録の問題だけではなく、年金の資金そのものが他の用途に流用されている問題でもあります。「年金以外に年金資金を使わないように」と野党や国民が求めても、今までは聞き入れられることはありませんでした。巨額の年金資金が大きな利権になっているのだから当然でしょう。

 民主党には公約どおり、年金資金を他の用途に使わないための法案を参議院で提案する準備をしています。年金は私たちの老後のためのお金なのであり、当たり前のことなのですが、やっとその法律が審議されるような環境が整ったといえます。今後の展開に期待したいと思います。

 年金は、しかし、そうはいっても心配だし、支払った分が満額もらえるのか依然として不透明なままです。今年金をもらっている人はともかく、これからもずっと年金を払い続ける現役世代としては、このままで大丈夫かどうか、とても不安で心配になります。
 
 そこで、このブログでは、年金制度の問題点とともに、個人年金で自己防衛をすることを提案しています。個人年金のページも作っているので、参考にしていただけたらと思います。
タグ:年金
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。